fc2ブログ

供茶 お茶とう

半月以上過ぎてしもたけど3月28日は利休忌やった。

千利休が亡くなったのは天正19(1591)年2月28日。
これは当然旧暦やから新暦とは1ヶ月近いズレがある。
裏千家では毎年、月遅れの3月28日に利休忌を営む。



本音を言うたら私の茶の湯は美的趣味娯楽やねん。
仏教的な風習や説明は抹香臭くて好きやない。
佗茶の基本理念とされる茶禅一味もちょっと負担。
せやから稽古で利休忌をしたんは数回しかあらへん。
今の社中は誰も経験してへんかったんとちゃうかな。

偶々今年3月28日は紫水会の稽古日に丁度重なった。
偶々緑水会稽古日の3月29日は旧暦2月28日やった。
偶々気が向いて利休さんに茶を供えようかなって思った。



献茶とは神仏や貴人に茶を献じること、その儀式が献茶式。
仏前にお供えする場合は特に供茶(くちゃ)と言う。

床には利休さんの立像を掛けた。
賛は辞世の句「人生七十力圍希咄吾這宝剣祖仏共殺」。
人生七十りきいきとつ、 わがこの宝剣そぶつ共に殺す。
ひっさぐる我が得具足のひとつ太刀、
今この時ぞ天になげうつ、って続く。

70年生きてきたけど、ええいこんちくしょう。
茶を究めるのには先人も仏さんも知ったこっちゃない。
私は茶の湯の真髄を独自に手に入れたぞ。
せやけどこれで終わりや、死んだるわい。
色々解釈はあるやろうけど、これが私の意訳。

IMG_1268 (2)kutya

上の写真が紫水会、下の写真は緑水会。

利休切腹の際、床に菜の花が生けられてた伝承がある。
せやから利休忌に供えられる花は菜の花が決まり。
そんで利休忌が過ぎるまでは菜の花を使わへん約束。

即ち3月3日雛祭りのお約束、桃と菜の花の取り合せは、
旧暦やと問題ないけど新暦でやったら掟破りになる。

さて菜の花を探したけど私の行動範囲には咲いてへん。
花屋も覗いたけど既に時季外れとかで置いてへん。
花は両日とも椿と桃を入れた。

IMG_1275kutya.jpg

利休忌も宗旦忌も参加したことがない。
献茶式は数回参列したけど40年前で記憶はあやふや。
淡々齋監修の本で手順を読んだ記憶があるけど不明。

裏千家のHPを見たら昨年から点茶盤で献茶されてはる。
それ以前の写真で点前を類推でけるのを探した。
HPからお借りしてきた9年前の利休忌。

rikyukih25-02kutya.jpg

明らかに台子濃茶点前の途中で供茶をしてはる。
茶筅通しをする前か済ませた後かは判らへん。

紫水会では重茶碗の点前中に行う。
茶筅通しを済ませ茶巾で拭いて茶巾を水指に戻す。
茶碗は右左で火窓前に仮置きする。
棚天板に飾っておいた台天目を膝前に取り込む。
小濯ぎをして指で露を切り適量の湯を入れたら、
その上に抹茶を加え茶筅で攪拌することなく出す。
半東もしくは正客が床の間に供え皆で合掌。
火窓前の茶碗を膝前に置き点前再開。

火窓の茶碗を取る前に釜蓋を再び閉めるべきか否か。
それに茶碗が冷えてしまうってゆう懸念もある。
そこで翌日の緑水会では薄茶で執り行う。
貴人清次薄茶点前。
茶筅通しの湯を入れた茶碗に茶筅を一度打ち。
その状態で貴人台ごと火窓前に仮置き。
供茶が済んだら茶筅を上げるところから再開する。

IMG_3445 (2)

菓子は桜の練切りと桜味の琥珀。

点前をするかせえへんかに関係なく、
神仏にお茶を供えるのを「お茶とう」て言う。
普通はせえへんやり方で供えるってことやろう。
煎茶やと湯の上に茶葉をひとつまみ落とすらしい。

因みに神棚に供える時は抹茶を入れてから湯を注ぐ。
でやっぱり茶筅は使わずそのまま供える。

IMG_1284kutya.jpg



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 → 家の仏壇に抹茶を供えた事はない。

スポンサーサイト



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村