FC2ブログ

台湾高山茶

お嫁ちゃんがお友達と台北へ旅行に行って、
そのお土産を渡したいゆうて家まで持ってきてくれた。
本人も同行のお友達どちらも、自他ともに認める雨女やそうで、
土砂降りの雨の中の観光やったみたいやけど楽しかったとのこと。


台湾土産てゆうたら定番のこれ「鳳梨酥」やね。
クッキーの様なほろほろの生地でジャム状のパイナップル餡を包んである。
判りやすく言うたら「パイナップルケーキ」です。
京都の八ッ橋、赤穂の塩饅頭、沖縄のちんすこうなどと同じように、
たくさんの店が色んな味を競って彼方此方で売ってるらしい。

IMG_2277-0.jpg

製造は「互霖企業有限公司」つまり老舗のお土産デパート「フローレス」のこと。
ショップオリジナルの手作りらしく、記憶の味と比べてもこれは美味しい。
さくっとした生地としっとりした餡のバランスが絶妙。
パイナップルの自然な甘さと程よい酸味と香りが上品な印象です。
パイナップルの繊維質な食感がある。
冬瓜の餡を混ぜてあるせいなのか、酸っぱすぎず甘すぎずで美味しい。



台湾つながりで以前に貰った茶のことを思い出した。
昨年暮れに「小山園立礼」で点前の指導をしたNさんからの到来品。
今年初めに台湾土産てゆうかお礼と言われて受け取ったけど、
そのまま試飲する機会を掴めへんまま半年が過ぎてた。

「台湾高山茶杉林渓」150グラム。
標高1600メートル以上の高地で栽培される烏龍茶で、
台中の杉林渓あたりが産地の高山茶は品質がええらしい。
調べたら結構ええ値段やから驚いた。

IMG_2273-00000.jpg

しかも茶器までセットでつけて下さった。
徳芸茶具ってとこで作られた茶壷と茶杯、つまり急須と湯呑。
北斗七星の形に穴をあけた竹製の茶盤まで用意してくれてる。

IMG_2274-0.jpg

茶葉はこんな感じ。
縮れてころころと丸い形をしてる。
色は銀色を帯びたような青緑、烏龍茶を青茶と呼ぶのも頷ける。
このままでも花のような香りがする。

IMG_2275-0_20180923021508bd1.jpg

急須の容量は250cc程やから茶葉は5グラムくらいで良さそう。
熱湯を注いで1分ほど待つ。
烏龍茶の入れ方は上からザバザバ湯を掛け流すから茶盤が必要なんやろ。
でもこの茶盤は随分小型やから湯を貯める量が少ないので控えめに。
湯呑の中の温め用の湯を流して茶を注ぐ。

IMG_2276-0.jpg

予想を上回ってものすごく美味しい。
上品でさわやかな香りがたちのぼる。
鼻の奥に何かの花の香りが届き続いてフルーツのような味が舌に広がる。
渋みはほとんどない。
不思議なんは三煎目もほとんど味が変わらへん、何でやろ。
とにかくペットボトルの烏龍茶とはは比べようもない。


茶の袋に印刷された文字は台湾式繁体字やから全文解読はできひんけど、
陶土製の茶具を使えば風味更に佳しと書いてあるのは判る。
この急須は無釉の焼締め陶器で色は黒紫、いわゆる紫泥ってやつやろう。
中国茶でも日本式の横手つき急須を使うんは知らんかった。
湯呑は同じ紫泥やなくて白磁何かを使う方がええんやないかな。
折角のお茶の色がほとんど判らへん。
竹の茶盤は丁寧な作りで見た目も素敵、とても気に入った。
これを使うことで小さなお茶会をしている気分になれる。



片付けで茶葉を捨てる時に、更なる驚きが待ってた。
え?こんなに大きな葉をあの形に加工してあったんや。

IMG_2278-000000000.jpg



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← しばらくの間、時々は小さなお茶会ができそう。


スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村