粽 茶席の菓子の戴き方

5月の茶席、または旧暦5月に当たる6月の茶席、
それから7月のお茶やと祇園祭に因んで、菓子に粽が出てくる可能性がある。

葉っぱがゴミとしてお客さんの手元に残るのは申し訳ない。
そやから、はっきり言うたら茶席で出すには相応しくない菓子です。

けど、人の考え方はそれぞれ。
季節のもんやから出そうて考える方がいてはるのも確か。
それを非難はせえへん。
私は出したくないなって思うだけです。

もしもおよばれした先で出てきたら、どないして食べたらええ?
それに備えて稽古の場で練習しとくのは、他ならぬ私の社中のためになる。
それでも、やっぱり好かんもんは稽古でも出したくないから使わんかった。


粽の綺麗な食べ方について説明しようと、かなり前に考えはした。
このシリーズの3回目「笹巻麩」の記事です。
「来年にでも書くかも」て言うたきり5年も過ぎてしもたんやなあ。



柏餅は何処にでもあるけど、粽を売ってる店は意外に少ない。
柏餅は3月の雛祭りが終わった頃から6月まで売ってることが多い。
ところが粽に関しては何故か5月初旬しか店頭に出てへん。

最近お気に入りの菓子屋、箕面の薩喜庵で見つけた粽が小振りで綺麗やった。
聞いてみたらやっぱり5月上旬だけの菓子やとのこと。
注文しといてもダメかと聞いたら、若い職人さんが「いいですよ、私が巻きます」と。



てな訳で紫水会の稽古で使ってみた。

IMG_7292.jpg

細い方に結び目があるから、それを解いてくるくる巻き取ってったらええ。
しかし茶席で食べる時は時間短縮も考えなあかん。
巻いてあるイグサを太い方から細い方へずらしたら簡単にほどけてくれる。

IMG_7293.jpg

次は、ふたつに折りたたまれた葉を開いて、折り目に巻かれたイグサをはずす。

IMG_7294.jpg

チガヤで巻くからチマキなんやけど現在は先ず笹を使う。
2枚か3枚の笹を使うけど中身は1枚の葉でくるまれてる。
それを引っこ抜いて懐紙に戻す。

IMG_7296.jpg

残った葉っぱは小さく折りたたんで、イグサでくるくる巻いて始末する。

IMG_7297.jpg

中身はたいてい、団子か外郎か求肥、、黒糖味や蓬入りもある。
葛で作ったんは特別に水仙粽ゆうて、最高に美味いのに何処の店も滅多に作らへん。
巻かれた葉っぱを綺麗に開いてから、
余分な部分を例によって裏側に折り畳んでからおもむろに楊枝で切る。

IMG_7300.jpg

食べ終わったら先に畳んだ葉っぱと一緒にして小さくまとめ、
更に懐紙でくるむようにして袂に入れたらおしまい。

如何に手早く、そして如何に手を汚さへんように食べるかが肝腎。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 結構面倒やけど、慣れたら上手に食べることがでけます。

スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村