同窓会

先ず参加することはないなと思うもの、同窓会。
思い出したくないような過去の記憶がある訳ではない。
思い出して懐かしみたいほどの過去もない。

毎日の仕事は夜中に終わるから外で酒を飲むことは殆どあらへん。
誰に気を使うこともなく自分のペースでやれるから家飲みで満足してる。
毎日飲んでるから、外で飲むために特に理由を見つけて行くほど暇やない。

何より会話が苦手、人付き合いが面倒とゆう性格。
酒は一人で静かに飲むに限る。
それがどうしたことか、ふいに何となく同窓会へ行く気になった。



44年前に卒業した高校で3年間在籍した美術部の同窓会。
大阪万博を睨んで開発された千里ニュータウンに新設されたS高校。
私は4期生やった。
在学中に描いた油絵はせいぜい10点ほどの怠けものやったけど、
高校生活のほとんどを美術室で過ごしてたように思う。

同窓会の参加予定者は1期生から6期生までとゆう狙い撃ち。
創立から14年間S高校で美術教師を務めた「UT先生を囲む会」でもある。
しかも先生は今年、喜寿のお祝いなんやとか。
先生にはお世話になったから、行ってもええかなて気にはなってた。
それでもまだ稽古優先で不参加を決め込んでた。



偶々土曜の稽古がなくなったので、もしかしたらと金曜夜に電話を入れた。
発起人のIK氏の話やと明日の夜の予定やとゆうから急遽参加を表明。
快く受け入れてもらえた。
私を含めて12名の同窓会と相成った。



部屋に入るなり「あ、--君や」って名前を呼ばれた。
1期生の方たちには面識がないけど、
他の人には面影がある、あ、多分あの人やって、40数年ぶりやのに判る。
私は影が薄い奴やったと自分でも思ってたんやけど、
「何時の間にか当たり前のようにそこに居てたよね」と評価された。
皆の話を聞いてたら、ああそんなこともあったなあと記憶がよみがえる。
何処をどう探しても記憶がないのに、こんなことがあったねと思い出話をされる。

ああ、これが同窓会てゆうもんの魅力ゆうもんかもなあと、
先生と競うようにしこたま飲んだ酒で朦朧となりつつ思った。

IMG_6581_LI (2)-000

場所は梅田の阪急グランドビル29階にある「小肥羊」てお店。
中国最大級の火鍋専門店「小肥羊しゃおふぇいやん」の日本チェーン店です。
中国の伝統的な鍋らしいけど初めて食べた。
火鍋とゆうだけあって辛味の効いた赤い麻辣スープは強烈、舌がひりひりする。
鍋を仕切ったもう一つは白湯スープでこれは旨い。
肉は牛と羊と鶏。
やはり売りであるラム肉が最高。

しかし最初から煮込んだこれでもかってゆうほどの量のニンニクが恐ろしい。
案の定、帰宅したら家内から傍に寄らんといてと言われた。

IMG_6582-0.jpg

予約して下さったMYさんの顔が利いたんやろね。
4時間以上居座ったのにお店は寛大な対応やった。



1日経っても臭いが抜けへんから夕食は二人で餃子の王将で外食。
これで少なくとも夫婦間では気にならへんくなる。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 次の機会にも行こうかなて思えるええ酒やった。

スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村