行之行台子

で、その1週間後のこないだのお茶会の話です。

紫水会のKMさんが行の行台子と大圓之草の許状を取ったので、
大先輩のOYさんとTMさんにご一緒して貰っての許状引渡茶会です。



場所は前回の許状引渡し茶会と同じ茨木市クリエイトセンターの茶室。
道具組も点心の内容も前回とほぼ同じです。

待合は燕の画賛。
火は使うたらあかんから煙草盆は割愛。

IMG_6086-0.jpg

汲出碗はフランス産リモージュの白磁。
待合に白湯を運んだのがそのまま迎付に。

IMG_6096-0.jpg

廊下の外に縁側があって、庭にはちゃんと蹲踞もある。
ただし、ほったらかし状態で汚れ放題やし草木も伸び放題で隠れてる。
使えるようにして欲しいと頼んだら、ご自由に手入れして下さいやて。
ほな早速剪定しようかなと庭に出たら止められた。
見学は15分です、何か作業をするなら部屋を借りるようにと。
何やら釈然とせえへんけど指示通り当日の朝に手入れした。

蹲踞を使うてもろて席入り。
縁側に置いてあるのは豚の蚊遣り器

IMG_6088-0_201706230107420a5.jpg

床は全開と同じく「楽亦在其中」を掛ける。
点前座には竹台子で乱れ飾り。
天板中央には八卦盆に載せた茄子茶入。

IMG_6090-0.jpg

有田焼の四君子絵長皿に料理を組んで、
向付は黄瀬戸の割山椒。

杯台に載せたガラスの杯に錫製の松竹梅燗鍋で酒を。

IMG_6092-0.jpg

煮物椀も同じ季節もんの鱧。
出汁の鰹節は今回の方が味がええ。

IMG_6093-0.jpg

お、八寸の常節がちょっと大きくなってる。

IMG_6098-0.jpg

行之行台子やから主菓子は縁高に5種を盛る。
可愛らしい大きさの菓子も探したら色々あるもんです。

愛媛県の山田屋まんじゅう、京都鶴屋の鶏卵素麺、いと重菓舗の埋もれ木、
俵屋吉富の三色三層羊羹を切り分けて使い、水菓子はキーウイを。
この大きさやったら難なく食べれると思うし黒文字も1本で問題ない。

IMG_6095-0.jpg

中立の後、後入りして私が行之行台子の点前を披露する。
一か所うっかり手順を飛ばしてしもたけど胡麻化した。
隠すつもりはないから後で言うたけどしっかりバレてた。

鼈甲斑が特徴の玳皮盞天目茶碗に新茶の初縁の色が美しい。

IMG_6104-0.jpg

KMさんに台子薄茶点前を任せる。
茶碗は色絵青楓と替えがフランスの骨董品ピンクのガラス製カフェオレボウル。
干菓子は薄氷の蛍。
こないしたら干菓子器のひご細工が蛍籠に見える。

IMG_6105-0.jpg



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 彼女が見て覚えて書いたノートを見た。ほぼ正解お見事。

スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

庭の手入れを利用者にしてもらって、お部屋を借りてください・・・。文化施設の運営が文化的じゃないと思います。

夏を感じるお席。奥様のお料理もなんとも美味しそう。生徒さん方うらやましい^^
燕のお軸は軽みが爽やか。画賛はなんと書いてあるのでしょう。
ずっと素敵で、最後の蛍籠にしびれました。

5月末に京都に参り、鴨川の夜の川床で2匹の蛍を見ました。すぐ街なのに風情があって、京都はさすが。
もう本格的に暑くなって参りました。お健やかにお過ごしください。

maruさん、コメントおおきにです。

≻ずっと素敵で、最後の蛍籠にしびれました。

お褒め頂き恐縮です。

待合掛けは明治大正の京都の日本画家、中島華鳳です。
絵は丸山派、署は富岡鉄斎の弟子です。
てゆうか、彼の姉が鉄斎の奥さんですね。
賛は向井去来の句で「遊ぶともゆくとも知らぬ燕かな」です。

Re: maruさん、コメントおおきにです。

> 絵は丸山派、署は富岡鉄斎の弟子です。

訂正。
書は富岡鉄斎の弟子、でした。
書風がよく似てて自由に書き殴った感じです。
本職の日本画よりこうゆう俳画が素敵なんです。
プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村