FC2ブログ

チャリティー茶会

学生チャリティー茶会は学生皆にとってええ経験になったて思う。
準備段階の折衝から始まって茶会当日の進行までええ勉強やった。
他大学の茶会に参席する程度より遥かに深い交流になったやろ。

しかし大阪美術俱楽部は流石に大きな入れ物です。
受付待合はこの大広間。
右手が追大、左手に関大茶道部の立礼席があって双方の待合を兼ねる。

IMG_5780-0.jpg

金屏風を立てて待合床に。
軸は積翁老師筆の「且座喫茶」を。
奥の襖を開けたら本席、「鶴の間」です。

IMG_5779-0.jpg

18畳の広間。
裏千家やと腰張りが湊紙なんは小間に限るんでやや違和感あり。
しかし特定流派におもねる訳にはいかんやろし、これはこれで落ち着いてええ感じ。

掛軸は「日々是好日」を。

IMG_5767-0.jpg

テーマは雛祭りやから海松蒔絵の蛤香合を飾る。
花は萩の耳付花入に乙女椿と雪柳を入れる。

IMG_5773-0.jpg

水屋は8畳分の部屋でゆったり使える。
さらに隣に土間がついてて8畳くらいの炊事場になってて、ここで洗いものをする。

IMG_5777-0.jpg

お菓子は「吉向堂」のきんとんで「花筏」の銘。
お茶は「三丘園」で銘は朝日新聞社やから「朝日」
どの茶席も同じお茶で同じ菓子屋らしい。
部屋代に始まって何から何まで主催者側からの提供。
私の駐車代金まで負担してくれはる太っ腹です。
収益金をチャリティーにするってことやけど参加者数を考えたら成程や。

IMG_5770-0.jpg

天命の小振りの市女笠釜を釣り釜にして使う。
炉縁は老梅蒔絵。
更好棚に据えた水指は鼓形、摘みは扇子と横笛を重ねてある。
普通に立て掛けるとどないしても倒れるし平置きにするには棚が小さい。
右手前に表を向けて左手で立て掛けるように指導する。
摘みが可愛いからお客様から見えやすいようにと席中では説明。

IMG_5769-0.jpg

前日の用意の時に見て回ったらどこの席も煙草盆を用意してはる。
確かに正客の場所を提示する道具と考えたらあった方がええ。
冷凍庫を引っ掻き回したら昨年の初釜で予備に切った灰吹を見つけた。
夜中にトランクルームに行って段ボール箱を次々開いて煙草盆を探し出した。
溜塗香狭間透かしの煙草盆に火入はフランス土産ベッチドルフのビヤカップを選択。

茶碗は桂楽の菱型黒楽で貝合わせの絵柄。
替えは桜を絵付けした織部。
棗は春草蒔絵、朱塗りが可愛らしい。
義山老師作の塗茶杓の銘は「みのり」

IMG_5776-0.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← ブログ読者も何人か訪ねて下さる、有難いことです。

スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村