FC2ブログ

忘年会

家が売れてしもた。
残念やけど来年早々には解体されてしまう。
稽古場の茶室を使えるのは今年いっぱいてことになる。

てことで、茶室さよなら会を催すことになった。
つまるところは忘年会やね。
日程は23日の祝日に決まった。
つまりクリスマスパーティーでもある。



緑水会に在籍してる社中は現在14名。
半分くらい集まったらええかなと思うてたら12名の参加になった。

私の息子や甥や姪とその連れ合いとその息子たちが集まる「従妹会」がある。
たまたま日程が重なってしもてこの日はえらい賑やかになった。
玄関の履物の写真を撮ってみたけど、これはまだマックスとちゃう。

IMG_5391-0.jpg

緑水会社中がこれだけ一堂に会するのは初めて。
半数以上が月2回の稽古で、火曜朝昼夜と土曜に分かれてるから、
組み合わせ次第でほとんどが顔見知り同士やけど、
最近やと稽古で一緒になるのは2~4人くらいやないかな。
茶会の時でもこんなには揃ったことがない。

銀の皿で握り寿司を注文して、あとは各自の一品持ち寄り。
ハムと玉ねぎのマリネ、サラダ、ポトフ、奈良漬け、ローストビーフ、
それにフルーツ、羊羹、チーズケーキ、シュークリームなどなど、
テーブルの上に載せきれへんほど。
ワインにビールに日本酒に加えて玄米茶を用意。

IMG_5389-0000_20161224223228c68.jpg

話に花が咲いてとっても楽しい時間が過ごせた。

これでおひらきにしたら茶の湯者の集まりやない。
テーブルを片付けて炉を開き火を熾しミニ茶会に移行する。

軸は今月の稽古で掛けてた「本来無一物」をそのままに。
何となくこの家はいつまでもあるような気がしてたし守ってくつもりやったけど、
そもそもこの家も茶室も亡父が建てたんやった。
自分の甲斐性は何処にもなかったんや。

IMG_5396-0.jpg

花は藪椿と楓の照葉を竹の一重切に。
香合はフランスで買った小物入れ、大きいけど可愛いサンタさんを飾る。
現地ではいったい何に使うための器なんやろか。

IMG_5397-0_201612240129347d1.jpg

釜は矢筈釜を据えて炉縁は青海波蒔絵。
棚は日月棚に赤絵の水指。
高麗の金海猫掻き手を主茶碗に、替えには吉向松月の飴楽を。
客が多いからお茶がたっぷり入る大宗匠お好みの寿輪棗。
茶杓は37年前に私が初めて手に入れた松長剛山老師の「庵の友」を使う。

建水は信楽のはんねら。
蓋置は銀杏模様の三嶋。
長久堂の干菓子はクリスマスバージョン。

IMG_5407-0000.jpg

一巡飲んだところでKYさんが代点を申し出てくれる。
さらにKKさんが交代してくれて全員が2服の薄茶を頂いた。

IMG_5392-0.jpg

長久堂の干菓子詰め合わせクリスマス版を象彦の瓢盆に載せて。
これは一巡した後の遠慮の塊。

IMG_5393-0.jpg

今回使ったお茶は丸久小山園の季節限定品「聖夜の白」
さっぱりした味わいながら甘みが深くて香りが良い。
ラッピングが可愛らしい。

IMG_5383-0.jpg

この朝必死で片付けといた3畳の小間「幻庵」を久しぶりに開放。
掛けたんは福富雪底老大師の「随波逐浪」の軸。
ご多聞に漏れず色んな意味にとれる禅語やなぁ。
時と場合と相手に応じて融通無碍に適応しろって感じか。
茶の湯を教えることを生業とする私も肝に銘じるべきことやろね。
しかし今は取り敢えず、ケセラセラと訳しとこかな。

IMG_5403-000000.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 思えば社中での忘年会とか納涼会とか、所謂飲み会をしたことなかった。




スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

にぎやかで楽しそう。

あのお茶室にもう伺うことが出来なくなるとは、一年前には思わなかったことです。ほんとうに先のことはわかりませんね。お別れ会は賑やかそうで羨ましいです。美味しそうだし楽しそう(^0^) ところで「幻庵」のお床、お軸の他にも何か吊ってありませんか? 銅鑼ですか???

Re: にぎやかで楽しそう。

はいそうなんです、(^0^)羨ましくなるでしょ。

その通り、銅鑼です。
釣り花の釘にぶら下げてます。
独りで銅鑼を打つときはこの状態でやってました。
何時からか解析の片付けを終えた家内が持ってくれるようになって、
正座して打つようになりましたけど、
普段の保管場所はここでした。

> あのお茶室にもう伺うことが出来なくなるとは、一年前には思わなかったことです。ほんとうに先のことはわかりませんね。お別れ会は賑やかそうで羨ましいです。美味しそうだし楽しそう(^0^) ところで「幻庵」のお床、お軸の他にも何か吊ってありませんか? 銅鑼ですか???
プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村