FC2ブログ

炉開き その3

緑水会開炉は1日の火曜夜と8日火曜の朝と昼と、12日の土曜昼にやった。

掛軸は今年も明治天皇御製の和歌をしたためた画賛です。
「山の端に 濡れて見ゆるは村時雨 今染め上げし 紅葉なるらむ」
今年は紅葉が例年より早めなので丁度良い時候です。

花は太神楽椿と百日紅の照葉を備前の耳付に入れた。
壺の網の色と相まって華やかな感じになる。

IMG_7256-0.jpg

家内手製の白玉善哉を温めなおして主菓子にする。
この椀の蒔絵は何の葉っぱなんやろうね。
薄く紅葉し始めた大小の葉を配したバランスが美しい。
骨董屋で仕入れたけど箱もなく4碗しかない半端もんやから少人数の時限定。

IMG_7262-0.jpg

釜は地紋と累座が菊になってる万代屋釜、炉縁は真塗。
水指は海鼠釉が綺麗な上野焼きの胴締め。
棚は大宗匠好みの山雲棚。

茶碗は毎年のお約束で神懸焼の楽。
茶入は定一作の京瀬戸で、形は下膨ら、袋は雪月花七宝裂。

薄器もいつも通り山中塗りの青漆中棗で鎮守の杜蒔絵。
蓋置m三嶋ので公孫樹を象嵌したやつ。
建水は信楽の楽斎。

IMG_7260-0.jpg

濃茶は初日が菩提樹、あとは松花の昔を使って練った。
最終日は一亭一客の形式で、中仕舞をしといて私も客に入ってお相伴。
たまには自服もええね、ん、ちゃんと美味しく練れてると自画自賛。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 記事としてはつまらへんけど、備忘録やから堪忍したって。

スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村