花月を楽しむ会

紫水会のOSさんがご実家の一部を茶室に作り替える計画を着実に進めてはる。
設計段階で相談に乗りはしたものの、完成間近らしい茶室は未だ垣間見てすらない。

しかし彼女は茶室作りと同時進行で、お茶を楽しむ時間と空間を創りあげることを強行。
どんなことであってもこれくらいのやる気が必要なんやろな。
先行投資で炉を切ることから始めた広間を使って、念願の茶の湯の会を始めはった。
仲間を集め七事式らしきものを楽しむ会は今月で既に3回目になる。


HNさんとこでやってる「花月の会」や「七事式の会」と同じようにしたいみたい。
花を入れたり香を聞いたり、普段の稽古では余りでけへんことを色々やりたいとか。
しかし集まった皆が初心者やからそらもう大変。
できそうなことを選んで、ちょっと改変を加えた七事式もどきを教える。

参会者は紫水会社中が半分、あとは社中やないけど若水会初釜に参加した顔見知り。

IMG_6895-0.jpg

彼女が思い描く完成形に近づきつつあるんとちゃうやろか。
今回は忙しい中を奮闘して点心まで用意してくれはった。

盆が小さいのが難点やったけど彼女の思い入れは伝わる。
焼くつもりやっのに鮮度が良くて刺身にしたてゆう鮭は実に美味しかった。
切り目が粗すぎてどっしりした茶筅茄子も、芯が少し硬い芋も、それぞれ味は良かった。
何よりトマトの湯剥きを実にした赤だしの汁が感動的に美味しかった。
青紫蘇入りのご飯はもう少し柔らかく炊いて欲しかったけどね。

ただ茶事の大変さを今回は身をもって感じてくれはったことと思う。

IMG_6896-0.jpg

前回は皆が花を入れる「廻り花」と「聞香」を入れて「三友」らしき式を行った。
今回は猛暑のために花を集めることができひんかったから、「花所望」なしの「且座」もどき。
「初炭所望」と「聞香」と「濃茶」と薄茶は「花月」になるてゆう段取り。
それぞれの点前を進行しながら式次第を考え、無理なく納まるやりかたを指導する。
我ながらもしかしたら、ちゃんとしたやり方に沿った手順みたいにも思える。

もう一回は正式なやり方で「平花月」を。

IMG_6897-0.jpg

OSさんの話を聞く度、手に入れた道具がどんどん増えてる。
使うあてはかなり先になるやろうけど夜咄用の道具まである程度買い揃えてあるみたい。



私の予定が空いてる日限定の開催になる。
次回は9月か、或いは12月までできひんきかも。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 彼女も忙しい方やから次がいつになるか楽しみ。

スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村