且座

「しばらく」って言う時、それはどれくらいの時間やと思います?
気象庁が天気予報で使う用語としての定義は2~3日以上1週間以内の期間を指すらしい。

そやけど「しばらくお待ち下さい」やったら1分から5分くらいかな。
それから「しばらく席を外す」場合やと30分から2~3時間かも。
それより「しばらくやってへん」から忘れた点前は2~3週間振り?半年?1年?
それとも「しばらくぶりです」と挨拶する時なんかは半月以上?数か月?数年?
そういや「しばらく稽古を休む」って言った人の本心は数か月?それとも無期限なん?



「七事式」の中の一つに「且座」がある。
禅の有名な公案「且座喫茶」に由来する、とされてる。
出典は『臨済録』やけど、訓読したら「しばらく坐して茶を喫せよ」になる。
大抵の解説書には「まぁちょっと座ってお茶を一服どうぞ」ってゆう意味やとある。

それでもええんやろけど私が思うには、ちょっとニュアンスがちゃう気がする。
黄檗禅師の弟子である臨済が自信満々「自分の器量は師を超えてる」と言い放つ。
その時に言われた言葉が「且坐喫茶」やん。
「あのなぁ、しばらくそこに座っとき、ほんでお茶でも飲んで目ぇ覚ますこっちゃ」
そんな感じとちゃうやろか。



OSさんから聞香を教えてと強い要望があった。
聞香が付いてる七事式は、香付花月、且座、三友、仙遊、唱和之式。
けどその日その時間帯に来れる社中は3名、私が入っても4名。
これはやっぱり且座がええやろな。

朝、、先ずは灰を篩って灰型をつくる。
どんな灰型にするかはその時の気分次第で、今回は遠山に。

IMG_6633-0.jpg

香炉に火を入れて灰を押し、香盆の用意。
これは失敗、準備が早すぎて香をたく時には火が燃え尽きてしもた。

IMG_6635-0.jpg

掃除を済ませて軸を掛け直し、水を張った籠を床に置く。

IMG_6634-0.jpg

花を採りに庭に出て、さらに近くの公園やら緑地やらを回って調達。
花は水切りして切溜めに、花台はたっぷりと水で濡らしとく。

IMG_6632-0.jpg

折据の札を引いて役割を決めて席入りする。
先ずは花所望。

七事式は当時の流派を超えた英知の結晶です。
三千家と江戸千家、不白流、速水流、それに大日本茶道学会でもやってる筈。
各流派によって手続きに結構違うとこがあって驚く。
本来は正客の役処やと思うけど、裏千家流では次客が花を入れる。

IMG_6636-0.jpg

次に三客による略炭所望。
点前座には棚を据えて天板に茶入を飾ってある。

IMG_6640-0.jpg

正客が香元の役。
これは試し聞きをしてるとこ。
皆が香を聞いたら盆ごと床に飾る。

IMG_6643-0.jpg

そして亭主役の東が濃茶を練る。
これは私がやったから写真はない。
茶は今年の新抹茶、小山園の金印、初縁の銘。
香りは如何にも新茶、けど新茶特有の臭みや刺激はなくてまろやかでとても美味しい。

その後は半東と交代して薄茶。

IMG_6646-0.jpg

且座は茶事茶会の流れを意識した構成になってる。
稽古のための稽古て感じの七事式やけど、これをやると茶事が理解る。

IMG_6647-0.jpg


七事式制定に参画した大徳寺の無学和尚が、それぞれの式に偈頌を添えてはる。
「且座之式」には「是法住法位」
難しいなぁ。

『法華経』方便品には「是の法は法位に住して、世間の相常住なり」とある。
この法はこの世界の真理の中にあるんやけど、
それは実は俗世間のいろいろなところに存在しててちゃんと見たら理解でける、ってとこかな。



何処に居てても、どんな時でも、どんな役割が当たっても、そこで一所懸命になれ。
責任をもってその役を果たせるように自分自身をを鍛えなあかん。

花を入れ、炭を置き、香をたき、濃茶を練り、薄茶を点て、客となる。
その時その場に応じて、随所に主となり客となる力量を養う必要がある。
ある程度でけるようになっても自惚れたらアカン。
上には上があるし、まだまだ先は遠い。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 茶の湯の究極は精神修養にあるけど、まぁ人それぞれ。単純に楽しい。

スポンサーサイト

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村