ラストレシピ

題名に惹かれて買った本です。
『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶』
目から鱗のような料理に関する蘊蓄を期待しても変やないですよね。

全然違いました。
単純な料理の話やない。
大戦末期の満州を舞台にした歴史サスペンス。
現代日本で展開する謎解きのミステリー。
その両者を絡み合わせて料理人の魂を描こうとする話やった。

9784344424982.jpg 幻冬舎/2016ー8ー5

「満漢全席」を超える究極のレシピ「大日本帝国食菜全席」の計画。
そのレシピ作りに没頭した天才料理人山形直太朗。

直太朗のメニューの再現に挑むのは絶対味覚、麒麟の舌を持つ佐々木充。
料理への情熱を失いながらも離れられない「最後の料理請負人」がレシピを探す。

「大日本帝国食菜全席」に隠された日本軍の陰謀とは何か。
世界を料理で変えようとした料理人が、己れの命をかけてレシピに隠した秘密とは何か。
過去と現在を行き来しつつ二人の料理人の姿を描く。
そしてすべてが繋がっていく。



クライマックスは余りにできすぎなんやけど、小説やねんからありかも。
料理への思い、友情、家族愛、それが見事に収束していく。

悲しくて、優しくて、癒される。



考えさせられたんは、レシピについて。
微に入り細に渡るレシピは一体何のためにあるんやろか。
料理は文化であるべきなんやろうか。
茶道は文化である、やんな。

料理の世界でも茶の湯の世界でも他の職人の世界でも「口伝」を大事にする。
それでも敢えて数多の人が膨大なレシピ、覚え書きを残したんは何故なんか。
「不立文字」を言い募る禅宗で、何故あれほどの禅語録が著わされてるんか。
そして口伝秘伝を公開した大日本茶道学会に何故どこも追随しいひんのか。



ところで、麒麟の舌って元々ある言葉なん?
単行本では『麒麟の舌を持つ男』って題名やった。
麒麟は中国の伝説にある聖獣。
キリンビールのデザインでお馴染みなんやけどなあ。
幼い頃から頭角を現す天才を麒麟児て言う。
天才的な味覚の持ち主ってことやろうけど、初めて聞いた言葉や。



著者の田中経一氏は伝説的テレビ番組『料理の鉄人』のディレクターをやってた人物。
そのデビュー作やけど、この経歴やから書けた小説家かもしれへん。
料理と料理人に対する思いが溢れるほどに込められている気がする。

読み終えてから本屋が掛けてくれたカバーを外したら本の帯が目に入った。
購入時には気にも留めてへんかったから驚いた。

え?映画化?
嵐の二宮和也君が主演?
しかも封切りは来月3日?
んー、流石テレビ人や、映像化を視野に入れて書いたんやったんか。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 久しぶりの読書、楽しかった。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

茶会練習

今年は旧暦8月15日の所謂十五夜が10月にまでずれ込んだ。
これは暦と季節のずれを修復するために5月の後に閏5月が入ったから。
旧暦の季節感は驚く程正確やから、多分残暑が長引くやろなと予想してた。
確かにいつまでも暑い日が続いて閉口したけど、
流石に10月に入ったら、途端に寒くなってきて世間は長袖の装いになった。

追手門学院大学茶道部の稽古も学園祭に向けて追い込みに入る。
学祭で催す「将軍山茶会」は11月4日と5日の土日。
両日とも11時から3時までの1時間毎で5席の予定。
学内にある茶室「松籟庵」では炉の点前。
茶室前では客寄せの意味もあって御園棚での立礼点前。
立礼の方は時間設定なし、いつでも自由に飲めます。

今はその練習に明け暮れてます。
設置と片付けの利便性を考えて、立礼は廊下を挟んだ部屋に配置換え。
写真では片付けた後で写ってへんけど、この中間の位置で茶箱の点前もする。
首を動かすこともなくほぼ一直線で3ヶ所の点前を指導でける。
来週からは半東やお運びの練習も始めなあかん。

IMG_1731-0.jpg

学外定例茶会」別名「引退茶会」は12月第2日曜10日です。
場所はあちこち探した挙句、池田文庫で決定。
昨年とは違う茶室「大小庵」を借りて行うことになった。
そこは台目席やから、将軍山茶会後の練習は台目薄茶の特訓やね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 取り敢えず皆が点てるお茶は上達して美味しくなってきた。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

厚揚げと野菜の炒めもん

朝早く家内が出かけた。
奈良の明日香村まで彼岸花の写真を撮りに行くそうな。
着替えてるのは見てたのに家を出る時は気付かへんかった。
目が覚めたんは既にお昼を回ってた。



実をゆうと休みを利用してブログの更新を目論んでた。
やのに文章が頭の中ですらまとまらへんからPCを触る気にもならへん。
曇ってて写真日和やろけど、洗濯には向かへんし。
茶道具の整理もしたいけど何処から手を付けたらええのか途方に暮れる。

トーストとインスタントコーヒーで腹を満たしたら、
敷きっぱなしの布団に転がってまたしばしの間うとうと。
電車の中用の小説を引っ張り出して、寝っ転がったまま続きを読む。

帰ってきたら買い物ついでに牛丼でも食べに行こうかなあ。



ところが夕方、家内からLINEが入った。
「食べて帰るね~」
あー、これは予想外やったなあ。

取り敢えず煙草を買いに最寄り駅へ行く。
土曜で祝日の夕方やから、飲食店は何処も結構混んでる。
サイゼリアの前でしばらく迷ってたけど結局入らずにイオンで買い物。

我家の炊飯器は茶事用の一升炊きやから一人分を炊くのは避けたい。
かといって鍋とかで炊くのはやったことないし何か難しそう。
赤飯のパックが美味しそうやったからそれを購入。
総菜にはおでん以外にピンとくるものが見当たらへん。
冷蔵庫の中身を思い出しながら食材を選びつつ店内をうろつく。
で買ったのは、もやしとパンとマーガリンとウイスキーとカマンベールだけ。



フライパンに多めの胡麻油を熱して、まずは切った厚揚げを炒める。
ええ具合に色づいたらキャベツとピーマンを足して塩胡椒して蓋をする。
おっと舞茸が半パック残ってたのを思い出して途中で投入。
蒸し上がった頃を見計らってもやしを加え、味覇を小さじ一杯。
フライパンを振りながら炒めて最後に醤油を振り掛けて混ぜる。



あらー、これだけでレシピが終わってしまう。
毎度安易な一品調理。

IMG_6454-0.jpg

ちょっと中華風の味にしたのが気分に合うてて良かった。
厚揚げが美味しい、やっぱり豆腐が好きなんやなあ。
豚肉を入れるかどうか買うときに迷ったけど、これがヘルシーでええかも。
赤飯は柔らかくて味があって買って正解、お腹も膨れるしね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← カマンベールでウイスキーをやりながら♪

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

OB茶会

大学茶道部のOB茶会がありました。
茶道部の卒業生を招いて毎年秋に行います。
今年は例年になくたくさんの卒業生に招待状を送ったそうやけど、
来てくれたのは例年とさして変わらず8名やった。



現役生は14名、男女比は7対7らしいけど、そのうち12名が参加。
1回生は女性ばかり3名が入部してくれた。
2回生は男子ばかり。
次期部長候補者の言葉に笑った。
一年間だけむさくるしいのを我慢して下さいやて。



掛軸は柳生但馬守宗矩が創建した菩提寺、芳徳禅寺の住職橋本紹尚筆。
「吾が心は秋月に似たり」とは『寒山詩』の一節です。

香合は寄木細工の結び文、縁結び香合て言うらしい。

IMG_6416-0.jpg

花は2回生が調達してきた竜胆と芒。
私が指導しながら3回生に入れさせてみた。
芒は1本で良かったかな、でもええ具合に入ってる。
花入は織部の鶴首。

IMG_6417-0_20170912023553951.jpg

これは何処の何てゆうお菓子やったかなあ。
小振りやけど結構大きな栗をあしらってあって美味しかった。

IMG_1690-00000000000000.jpg

主茶碗は趣のある黒織部。
替茶碗は黒地の京焼色絵で扇面模様。
茶杓は飛騨の一位の木を削ったもの。
薄器は秋草と鈴虫の蒔絵を施した大棗。

IMG_1694-00000000000.jpg

風炉は電熱の唐銅、釜は万代屋。
棚は利休好みの切木地丸卓、水指は山水柄の染付。
蓋置は乾山風の武蔵野柄で三日月の形。

IMG_1691-0.jpg

OBをもてなした後は攻守交替して、OBが現役生相手に茶会をする。
点前は4回生の元部長さんで、半東は昨年の卒業生。

あれ?
昔は4回生も確か現役組やったよね。
何時から4回生もOB扱いになったんやろ?



恒例のサプライズてゆうか、おふざけの応酬があって和気藹々。
楽しい一日を過ごさせてもろた。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 再開を約して散会、皆さん元気で精進して下さい。

テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

大文字

お盆の間、寺には他所から手伝いのお坊さんがお泊りしてはるから、
お稽古はできないと以前に聞いてたから諦めてた。
ところが今年、2日7日と休みにしてしまったからダメ元で尋ねてみた。
16日にお稽古ができるかどうかって。

夕方から本堂で法要があるだけやから大丈夫ですよとの回答。
もし稽古ができるんやったら来る人はいますか?とお稽古LINEで流したら、
4人の参加希望があったから稽古することに決めた。



16日てゆうたら京都では有名な大文字送り火の当日。
京都の人は「大文字焼き」とは言わへんらしい。
大文字さん。
山焼きやないねんし、て言わはる。
稽古場の庭から東山の大文字さんがよお見えますよ、とお寺さんからの情報。
それを皆に伝えたらどんどん参加者が増えて結局12名が来ることに。



床には色紙、加賀の千代女の句「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」を掛ける。
花は木槿と萩と縞葦。

IMG_6304-0.jpg

OYさんが手作りの菓子、道明寺羹を人数分持って来てくれた。
水面に映った大文字の意匠で作ったらしい。
そおゆうことならやっぱりこんな風に逆向きに置くべきやんな。
けどこうして写真で見てみたら、何か判り難かったかなあて気がする。

IMG_6308-0.jpg

TMさんからも手作りの水饅頭。
銘は酸漿とでも、とおっしゃってたけどこれは多分大文字の松明の意匠。

IMG_6309-0.jpg

UYさんからは干菓子。
この日私はお菓子を用意することなく皆さんの好意に甘えた。



さて、8時になって大文字に点火。
稽古を一時中断して部屋の電気も消して、皆で庭に出る。

塀の向こう植木の合間にくっきりと炎の文字が浮かび上がる。

IMG_6317-0_20170817025131816.jpg

2階からはもっとよく見えるて言うからちょっと上がらして貰う。

IMG_6323-0.jpg

庭の大きな池の水面にもうっすらと映って揺れてる。
写真に撮れへんかなと思ったけど全くダメやった。

盃に大文字を映して飲むとええとか聞いたことがあるけど、
車で帰らなあかんしまだ稽古中やし流石に諦めた。
ところがOY氏やMMさんによると小さい頃にはコップの水に映して飲んでたらしい。
そらそうやな、子供の頃は酒が飲まれへんから水で良かった訳や。



私は大阪で生まれ大阪で育って今も大阪に住んでる。
けど京都の大学に通い、裏千家学園で3年間修業し、京都にも稽古場を開いた。
今までの人生の半分くらいは京都で過ごしてる感じやね。
やのに大文字の送り火を実見したんは初めてやった。
しかも丁度お稽古の日に、稽古場の庭で、社中の皆さんと楽しむ。
何とも素敵な夜を過ごせたと感謝。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 素晴らしいロケーション、阿弥陀寺さんおおきにです。



テーマ : 茶道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村