FC2ブログ

帰国


夫婦揃ってのんびり屋な我々はツアーに参加するとキツイ。
アパルトマンに拠点を置いての個人旅行になるにはそれも理由の一つ。
普通の人の半分くらいしか行動できてへんのとちゃうかな。

それでも滞在期間中に行きたいところは一応回れた。
今回は美味しい食事を楽しむこともできた。
まだ物足りない気分も確かにあるけど旅は満喫した。
そんなに稽古を休むわけにはいかへんから、後は帰るだけ。



最後の日はアパルトマンの近くをゆっくり散歩する。
部屋に戻って荷造り。
土産品のチーズやらバターやらワインやら菓子やらを養生する。
緩衝材は寝間着やら洋服やらシーツやらキッチンペーパーやら。
意外に気温が高いから必要なかったダウンもぎゅっと詰め込む。
試しに量ってみたら制限重量の23キロを100グラム超えてる。
そのくらい大丈夫と家内が言うので信じることにした。



空港に着いて軽く食事を済ませ、チェックインしてから外で最後の一服。
もうしばらく残ってフランスを楽しむ予定の家内と判れて独り搭乗。
また10数時間の禁煙タイムに突入である。

離陸してから機長の挨拶がある。
気流の関係でかなり揺れると思いますが当機は問題なく飛行します、やて。
なるほどガタガタとかなりの揺れが頻繁に起こる。

機内食を配ってる途中、私の順番のすぐ前で一際大きい揺れがきた。
配膳をいったん中断して、アテンダントまで着席してベルトを装着。
いっそのことエアポケットでガクンてけえへんかなって期待した。
もし飛行機が苦手な家内が同乗してたら叫んでたかも知れへん。

まあ何てゆうこともないまま、間もなく配膳が再開されて食事にありつく。



選んだのは洋食で白身魚のソテー、これは失敗。
魚が少し生臭い、バターライスがパサパサ、ブロッコリーがクタクタ。
ポークサラミと何かの豆は普通、牛蒡のきんぴらは美味しい。
ミックスリーフにチェリートマトをドレッシングで。
細いうどんに麺つゆ。
テーブルロールにソフトバターてゆう取り合わせ。
それにオレンジジュースを頼んだ。
やっぱり酸っぱい、お代わりはミルクティーにした。

IMG_2601-0.jpg

しかし相変わらず揺れ続ける。
ベルト装着のランプがついてる時間の方が長かったような気がするほど。

2度目の食事は和食の焼うどんをチョイスするも、これまた失敗。
そやった、レンジでチンした焼うどんが美味しい筈ないわな。
副菜?がフロマージュフレーズ、チョコチップマフィンにオレンジ、って何なん。
熱い日本茶はほんま熱くてそれだけで美味しく感じた。

IMG_2602-0.jpg

無事に羽田空港に到着。
何だか空気が綺麗な気がする。
伊丹空港に向かう便が出るまでにはかなり時間がある。
折角アメックスのゴールドカードを手に入れたんやから、
ゴールド以上が無料で利用でける空港ラウンジに入ってみた。

IMG_2604-0.jpg

カードを提示してラウンジに入るとゆったりした座り心地のええ椅子。

IMG_2606-0.jpg

ちっちゃなテーブル付きで具合がええ。

IMG_2607-0.jpg

フリードリンク、選び放題で、私は紅茶を何杯もお代わりした。
嬉しかったんはフレッシュやなくてちゃんと牛乳が用意してあること。

IMG_2608-0.jpg

喫煙室が近くにあるし、換気機能が優れてるんかあんまり煙たくない。

後で調べたら羽田空港内にこのカードで入れるラウンジは何と7箇所?
もっと眺めのええラウンジもあったみたいやし、
マッサージチェアが設置されてるとこもあったらしい。
何処がどれかも知らへんし、私が入ったんがどのラウンジなんかも判らへん。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ←夜中にやっと帰宅。ただいま~。

スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

ル・コントワール

家内の超お薦め店、サンジェルマンの「Le Comptoirル・コントワール」に行く。
垂れ幕に「ルレ・サンジェルマン」て書いてあるのはホテルの名前なんやろ。
夜はホテルの宿泊客専用で一般客が食べられるんはランチのみ。
しかし土日は夜も一般に開放されてるから狙い目。
カジュアルな雰囲気のビストロ感覚で、ホテルの本格的な美食が食べられると言う。
赤と黒のイメージの外観で、赤い傘のところから順番待ちの行列ができるみたい。
予約不可やからある程度並んで待つ覚悟で行ったんやけど、
行った時間が良かったんか待つこともなく店内へ。

IMG_2568-0.jpg

無茶苦茶美味しかったってゆうお目当てやった筈のホタテがなかったのが残念。
しかし代わりに頼んだフォワグラをひと口含んで思わず笑顔になる。
ねっとりした食感の次に広がる香り、濃厚なのに全くしつこさがない味。

IMG_2574-000000.jpg

メインは豚足のパン粉揚げ、つまりカツレツみたいな感じ。
骨はない、削ぎ取った肉とタマネギとか何かを混ぜて成形しなおした肉塊。
表面のパン粉の香ばしさ、中身のフワフワトロトロの舌触りと旨味が最高。
付け合わせのジャガイモのピューレがまた無茶苦茶美味い。
白菜の芯みたいな野菜も甘みがあって美味しい。

IMG_2581-0.jpg

家内はマグロのロティーと温野菜。
見た目はマグロが隠れてサラダかと思った。
分厚くて中身は見事なレア。
これまたええ味やったね。

IMG_2578-0.jpg

食後はカフェオレにした。
盛り上がるほどの量とええ香りに驚いた。

IMG_2583-0.jpg

落ち着いた店内。
エスカルゴを頼んでる人が多くてちょっとそそられた。
隣席のマダムが頼んではった茹で卵のマヨネーズ掛けも割と気になった。

IMG_2584-0.jpg

スタッフはきびきびと働きながらも笑顔がにこやかで気持ち良い接客。
地下のトイレの脇に厨房があって扉の窓から中が見える。
頼んだら写真を撮らせて貰えそうな雰囲気やったけど、
喋られへんし携帯をテーブルに置いてきてしまったんで断念。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← ちょっと高目やけどこの味なら納得。

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

シャンゼリゼ

「カフェ・ドゥ・フロール」のすぐそばにある教会。
この地区の名前にもなってる代名詞的存在サン・ジェルマン・デ・プレ教会です。

IMG_2523-0 - コピー


パリ最古の教会らしいけど、昔はもっと大きかったんやろね。
こじんまりした教会やけど雰囲気があってええ感じ。
パリのほとんどの歴史的建物はゴシック様式やけど、
ここにはそれ以前のロマネスク様式が残されてる。
圧倒されるような迫力はないけど静かで内省的な感じがする。
残念ながら内部は改装工事中でテントに覆われ一部しか見れへんかった。

IMG_2521-0 - コピー



まだ凱旋門を近くで見てへん。
せやからシャンゼリゼ通りを観に行くことにした。

メトロの乗り換えでエスカレーターを登ってくもんやから、何処に行くんて思った。
珍しく地上を走る地下鉄やった。

IMG_2539-0 - コピー

もうすぐシャッターチャンスよ、はいここ!、も一回あるよ、ほら今。
家内に言われるまま撮った、車窓から見るセーヌ川とエッフェル塔。
てゆうことは今乗ってるのはセーヌ川クルーズで船上から見たあの電車なんや。

IMG_2543-0 - コピー

近くで見る凱旋門は重厚で迫力がある。
高いところが苦手な家内は、もとより登る気がなさそう。

IMG_2544-0 - コピー

振り返ったら、メトロから出てきた人たちが皆シャンゼリゼ通りを歩いていく。

IMG_2547-0 - コピー

通りの途中のカフェ、当然テラス席で一休み。
向うに凱旋門がちらっと見えます。

IMG_2551-0 - コピー

写真ではちょっと読みにくいけど店名は「Flora Danicaフローラ・ダニカ」。
ロイヤルコペンハーゲンの名作の名前やんね。
後で気になって調べたら、やっぱり結構有名なデンマークのレストランやった。
材料は全て本国からの直送品で特にサーモンが名物らしい。

IMG_2558-0.jpg

喫煙と足安めのためのカフェやからあんまり関係はない。
カフェクレームとショコラショーはええ味やった。

IMG_2554-0 - コピー

マクドナルドがあった。
食べへんけど話のタネで見物に店内を覗いてみた。

IMG_2560-0.jpg

入り口すぐ脇にショーケースがあって何とマカロンを売ってる、流石フランス。
Wi-Fiが使えるみたいで若い人がいっぱい。
普通に注文の窓口もあるけど、パネルでオーダーがでける。
ICチップつきのクレジットカードでしか支払いできひんらしいけど。

IMG_2559-0.jpg

シャンゼリゼ通りの車道真ん中で凱旋門を真正面から撮ってみた。

IMG_2563-0.jpg



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← それにしても凄い人人人。

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

クロックマダム

クロックマダムもしくはクロックムッシュ、本場のそれを食べたかった。
ちょっと遅めの朝食でそれを実現すべくメトロに乗り込む。
サン・ジェルマン・デ・プレの駅から出てすぐの処にある「カフェ・ドゥ・フロール」。
「Flore」は春の植物、または豊穣の女神を意味する。
屋根を覆う緑のデコレーションがその名前に相応しいやん。

IMG_2519-0.jpg

超有名なこの店はその昔、ピカソやダリてゆう画家だけやなく詩人や哲学者、
サルトル、ボーヴォワール、コクトー、アポリネールあたりの溜まり場やった。
ブリジット・バルドーやアラン・ドロン、ジュリエット・グレコも通ったらしい。



テラス席、1階、2階とあって一番人気は2階らしいけど、ええ気候やしテラス席で。
店内のように見えるけどちゃうねん、ここはあくまで」張り出したテントの中。
この談笑する人々のさらに外、歩道にも席が設けられてる。

IMG_2513-0.jpg

なかなか注文を取りに来る気配がない。
せっかちな人やったら接客が悪いって怒るかも知れへんけど、
我々は気が長いし、急ぐわけでもないし、フランスはこんなもんやと達観してる。



紙のテーブルクロスが地図てゆうか風景画てゆうか、なかなかお洒落。
オレンジジュースはほんまにフレッシュなんやけど、とっても酸っぱい。
ちっちゃな瓶入りのケチャップとマスタードが可愛くて内緒でお持ち帰りした。

IMG_2514-0.jpg

メニューの何処を探してもクロックマダムもムッシュも書いてへん。
ダメ元で頼んでみたら当たり前のように受けてくれはった。

IMG_2585-0.jpg

家内がクロックムッシュ。」
食パンの間にハムとチーズを挟んで更にチーズをのせて焼き上げたもん。
これっていわゆるホッとサンドやんね。
これやったら家で普通に何度か作ってる。

ん~、せやけどこんなに綺麗に焼き目をつけるのはちょっと難しいかも。
それにちょっと変わった香りがしてて、それが美味しさを演出してる。

目玉焼きが好きやから私はクロックマダム。
ほんまに目玉焼きが乗っかってるだけの違いやな。
サニーサイドで半熟。
黄身をまぶすようにして食べるのが何とも美味しい。

IMG_2515-0.jpg

私にしては珍しく、分解するように中を開いて確認するのを失念した。

調べてみたらベシャメルソースを塗るのが王道らしい。
ちょっと変わった香りはソースの所為なんかな。

IMG_2516-0.jpg

他のお客さんはクロワッサンを頼んでる人が多かった。
なるほど大きくて照りがあってフワフワみたいで確かに美味しそうやった。
食後はカフェクレームにした。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 美味しく頂戴しました。

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

お土産探し

ルーブル駅のホームで出口はどっちかなと立ち止まってたら、
多分恋人同士やと思われる2人連れの彼の方が私に話しかけてきた。
美術館へ行くんならこっちやでって教えてくれたんやと思う、多分。
いつでもどこでも親切な人っているんやなぁ。
ノンノン、メルシーメルシーって言って別れた。

彼が教えてくれた通路を進んだら恐らく、地下の逆さピラミッドの入り口に着く。
家内のお薦めは地上、アーチ状の通路からピラミッドが見えるこのアングル。

IMG_2490-0.jpg

建物をくぐる通路は暗く、出口の向こうに光り輝くガラスのピラミッド。
なるほど美しい。

日仏友好160年に合わせたジャポニスム2018の企画で、
現代彫刻家の名和晃平による巨大な黄金の彫刻がピラミッドの中に鎮座してる。

IMG_2496-0.jpg

ルーブルを見始めたら一日がつぶれてしまうから今回は断念。
広場を見渡しただけで退散する。

この日はお土産の買い物をするんやと割り切り。
マドレーヌにあるワイン専門店「LAVINIAラヴィニア」へ。

IMG_2509-0.jpg

大手のドメーヌから小さなワイナリーまで選りすぐられたワインが4000種。
日本語が堪能なスタッフが的確に応対してくれる。

IMG_2507-0.jpg

地下の貯蔵庫もだだっ広い空間でワインがずらりと並んでる。
ダメ元で頼んだら試飲までさせてくれる。

IMG_2508-0.jpg

美味しいワインを4本手に入れた後はル・ボン・マルシェへ。
世界最古の百貨店で、土産物は全てここで揃えることができそう。
3階のマリアージュ・フレールでお気に入りの紅茶を買って、
1階では稽古用の干菓子を探し、ボンママンのマドレーヌとワッフルも。

荷物を抱えて歩き回るのは流石に疲れた。
部屋に帰るなり、夕食を取ることもなく眠りこけてしもた。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 ← 最終滞在日は美味しいものを食べに行こう。


テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

楽水

Author:楽水
ようこそお越し下さいました。
ごゆっくりお過ごし下さい。

カテゴリ
教室お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
にほんブログ村参加中
にほんブログ村に参加しています。 よろしければこちらをクリックして下さい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村